ダーツ 投げ方 上達法 コツ

上達が早くなるための考え方とは?

 

ダーツの投げ方はプロの動画をみてもわかるように決まった形はありません。

 

特に海外の動画をみればそれは顕著です。十人十色です。

 

このような現実からダーツの投げ方は人によって違うものであり、
統一した方法はないと言われています。

 

 

しかし本当にそうでしょうか?

 

 

確かに間違いではないと思います。
練習時間さえ無限大にあれば、実際どんな投げ方でも上達するのかもしれません。
でも、なるべく早く上達したいというのが多くの人の意見ではないでしょうか?

 

 

私はできる限り早く上達するには、
いくつかの共通する法則があると考えています。
このサイトでは、その共通する部分を理論的に解説していきます。

 

 

独自の理論も含まれるため、あなたに合うと思う方法を取り入れて頂き、
上達の糧にしていただければと思います。

 


当サイトの基本的な考え方

当サイトの基本的な考え方を示します。

 

ダーツというのは

 

「いかに再現性よく飛ばすか」

 

ということが重要になる競技です。

 

 

再現性を高めるためには脱力することが重要になります。
ただ脱力しただけではしっかり飛ばせませんので、
脱力しながらいかにしっかり飛ばせるか?
を突き詰めていかなければなりません。

 

 

ガチガチに固まった体からは、再現性は生まれにくくなります。

 

 

よって無理に体を固定したりするのではなく、
自分の体にあった自然体を意識することになります。
自然体とは楽な姿勢のことを意味しています。

 

 

人それぞれ自然体の形が違うので、
ダーツには決まった投げ方がないと勘違いされやすいんですね。

 

 

私が思うに決まった投げ方とは「人それぞれの自然体で構えて投げる」ということだと思います。
細かい内容については他のページで説明していきますが、
当サイトの基本的な考え方はこれになります。

 

 

そしてもう一つ大事なことですが、右利きの方を対象にお話します。
左利きの方は逆の形をイメージして読んでください。

 

 

ほぼ全ての内容において、この考え方をもとに進めていきます。
上の画像の様に体の縛り・固定から解き放たれましょう。

 

 

注意事項

 

ダーツには投げれなくなってしまう「イップス」という怖い症状があります。

 

どういう原理で起こってしまうものなのか明確には分かっていません。

 

できる限り役に立つ情報を掲載していこうと思いますが、

 

そのような症状になっても保証はできません。

 

本サイトに書かれていることを、自分なりに考え各自の責任のもとで実践してください。

 

 

スポンサードリンク

 

 

効き目について

 

スタンスについて

 

構え方について

 

狙い方について

 

テイクバックについて

 

リリースについて

 

フォロースルーについて

 

目を鍛える

 

上達に悩むあなたへ

 

持っておきたい練習グッズ